希望のサロンが見つかる「ジョブサーチ」

転職の心得

アイリスト転職のメリット、デメリットを徹底解説!

アイリストは、近年人気が高まっている職業です。美容師国家資格の取得と1~3カ月の研修を受ければ、技術の基礎を身につけることができ、未経験からでも始めやすいというメリットがあります。

しかし、アイリストの転職を考えている方は、メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておくことが大切です。そこで、この記事では、アイリスト転職のメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

こちらの関連記事もどうぞ!


アイリスト転職のメリット

収入アップが期待できる

アイリストの給与形態は、サロンによって異なりますが、歩合制やインセンティブ制を採用しているところが多いため、技術や実績次第で収入アップが期待できます。

また、アイリストの需要は高まっているため、経験やスキルを身につけていれば、転職先を見つけやすいというメリットもあります。

働き方の自由度が高い

アイリストは、業務委託で働くサロンも多いため、シフトや休日を自分で決められるというメリットがあります。また、施術以外の業務に時間を取られることが少ないため、アイリストの仕事に集中することができます。

やりがいを感じやすい

アイリストの仕事は、お客様の理想の目元を叶えることで、喜びややりがいを感じることができます。また、常に新しい技術やトレンドを学ぶことで、仕事の幅を広げることもできます。

アイリスト転職のデメリット

労働環境が厳しい場合もある

アイリストの仕事は、体力的・精神的に負担がかかる場合があります。また、施術中にお客様とコミュニケーションをとる必要があるため、コミュニケーション能力も求められます。

収入が不安定になる場合もある

アイリストの給与形態は、歩合制やインセンティブ制を採用しているところが多いため、施術件数や売上によって収入が変動します。そのため、収入が不安定になる場合もあります。

福利厚生が充実していない場合もある

アイリストは、業務委託で働くサロンも多いため、福利厚生が充実していない場合があります。そのため、社会保険や厚生年金などの加入が難しい場合もあります。

アイリスト転職のタイミング

アイリスト転職のタイミングは、自分の状況や希望によって異なります。

スキルアップやキャリアアップを目指す場合

スキルアップやキャリアアップを目指す場合は、経験やスキルを積んだ後、転職するのがおすすめです。また、新しい技術やトレンドを学びたい場合は、転職先の教育制度や研修内容を事前に確認しておきましょう。

条件や環境を改善したい場合

給与や待遇、働き方などを改善したい場合は、現職の状況を把握した上で、転職先の条件を比較検討することが大切です。

例えば、給与が低くて不満がある場合、転職先の給与は現職の給与以上か将来的にアップする可能性はあるかを確認しましょう。また、休日が少ない場合は、転職先の休日数やシフトの融通性なども確認しておきましょう。

このように、現職の状況を把握した上で、転職先の条件を比較検討することで、条件や環境の改善を実現しやすくなります。

人間関係や仕事内容に悩んでいる場合

人間関係や仕事内容に悩んでいる場合は、まず現職で解決できる可能性を探ってみましょう。

例えば、人間関係が原因で悩んでいる場合は、相手の立場になって考えたり、上司や人事に相談したりするなど、現職で解決するためにできることを試してみてください。

また、仕事内容に不満がある場合は、転職先でどのような仕事内容なのかをよく調べたり、転職エージェントに相談したりして、自分に合った仕事内容を見つけるようにしましょう。

もし、現職で解決できない場合は、転職を検討しましょう。しかし、転職先でも同じ問題が発生する可能性もあるため、慎重に検討することが大切です。

具体的には、以下の点に注意しましょう。

転職先の人間関係や仕事内容について、よく調べる。
転職エージェントに相談する。
自分自身でよく考えて、本当に転職すべきか判断する。

また、転職先でも同じ問題が発生したとしても、すぐに辞めずに、まずは現職で解決できなかった原因を自分自身で考え、改善策を試してみるのも一つの方法です。

もし、改善策が見つからず、それでも同じ問題が解決できない場合は、その時に転職を検討するようにしましょう。

アイリスト転職の注意点

アイリスト転職を成功させるためには、以下の点に注意しましょう。

自分の希望や条件を明確にする

転職先を探す前に、自分の希望や条件を明確にしておきましょう。具体的には、下記のような項目を検討しておくとよいでしょう。

給与や待遇
働き方(正社員・アルバイト・業務委託など)
勤務地
休日
教育制度や研修内容
複数の求人を比較する

複数の求人を比較することで、よりよい条件の求人を見つけやすくなります。また、求人票だけではわからない情報も、面接や応募先のホームページなどで確認しておきましょう。

面接対策をしっかりする

面接対策をしっかりすることで、好印象を与えることができます。具体的には、下記のような項目を準備しておくとよいでしょう。

自己PR
志望動機
質問に対する回答

自己PR

  • 自分の強みやスキルを具体的に伝える。
  • なぜその強みやスキルがアイリストの仕事で活かせるのかを説明する。

例えば、

https://job-search.jp/wp-content/uploads/2023/08/13206-e1692359157982.png

私は、細かい作業が得意なことです。アイリストの仕事では、まつ毛の1本1本を丁寧に施術する必要があるため、このスキルが活かせると考えています。

志望動機

  • なぜそのサロンを志望するのか、具体的な理由を伝える。
  • 入社後にどのように貢献していきたいのかを説明する。

例えば、

https://job-search.jp/wp-content/uploads/2023/08/13206-e1692359157982.png

貴サロンは、お客様のニーズに合わせたデザイン提案を大切にしていると伺いました。私は、お客様の理想の目元を叶えることで、喜びや満足感を与えたいと考えており、貴サロンでその想いを実現していきたいと考えています。

質問に対する回答

  • 質問の意図を理解し、的確に答える。
  • 自分の言葉で、簡潔にわかりやすく答える。

例えば、

https://job-search.jp/wp-content/themes/code_tcd090/img/common/no_avatar.png

なぜアイリストになりたいと思ったのですか?


という質問に対しては、
https://job-search.jp/wp-content/uploads/2023/08/13206-e1692359157982.png

私は、幼い頃から美容に興味があり、特に目元は女性の印象を大きく左右する大切なパーツだと考えていました。そのため、アイリストになり、お客様の理想の目元を叶えることで、喜びや満足感を与えたいという想いを持つようになりました。

面接対策は、事前に十分に準備しておくことが大切です。また、練習を重ねることで、本番でも落ち着いて回答することができるでしょう。

まとめ

海で開放的
アイリスト転職のメリットは、以下のとおりです。

収入アップ:歩合制を採用するサロンが多く、技術や経験を積むことで収入をアップさせやすい。
働き方の自由度:業務委託やフリーランスなど、自分のライフスタイルに合わせて働き方を選べる。
やりがい:お客様の理想の目元を叶えることで、喜びや満足感を得られる。

一方、アイリスト転職のデメリットは、以下のとおりです。

技術や経験が求められる:アイリストの仕事は、技術や経験が求められる。そのため、未経験から転職する場合は、スキルアップに時間と労力が必要となる。
人間関係や仕事内容に悩む可能性あり:新しい環境で働くことになるため、人間関係や仕事内容に悩む可能性もある。

アイリスト転職を検討する際には、以下の点に注意しましょう。

自分の状況や希望をよく考える:収入アップや働き方の自由度など、自分の希望を明確にしておきましょう。
転職先の条件や環境を比較検討する:給与や休日、福利厚生など、転職先の条件や環境を比較検討しましょう。
面接対策をしっかりする:自己PRや志望動機をしっかり準備し、面接対策をしっかりしましょう。

アイリスト転職は、メリットもデメリットもあります。自分の状況や希望をよく考えて、慎重に検討することで、成功に近づくことができます。
具体的には、以下の点を踏まえて検討するとよいでしょう。

現在の収入や働き方に不満があるかどうか。
アイリストの仕事にやりがいを感じられるかどうか。
技術や経験を身につける意欲があるかどうか。

また、転職を検討する際は、以下のような情報収集をしておくとよいでしょう。

転職エージェントや求人サイトなどを利用して、転職先の情報を収集する。
実際に働いているアイリストに話を聞いてみる。

このように、事前にしっかりと準備をすることで、より成功に近づくことができます。

ジョブサーチならあなたの希望条件にピッタリのサロンをご紹介します。また、無料体験レッスンもあり実際のアイリスト体験ができます。ご希望の方は、こちらの無料登録から。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ジョブサーチ

こちらのおすすめ記事もどうぞ


未経験からアイリストを目指すならジョブサーチ Job Search 大阪 神戸 京都 兵庫 奈良 和歌山 滋賀

RELATED

PAGE TOP