希望のサロンが見つかる「ジョブサーチ」

アイリスト

アイリストとは?仕事内容や必要な資格。アイリストの将来性は?

美容に興味を抱く人なら、一度は「アイリスト」という職業名を聞いたことがあるでしょう。

アイリストは、まつ毛エクステンションやまつ毛パーマなどを駆使して、お客様の目元を美しく彩る専門職です。

ここでは、アイリストの仕事内容や必要な資格、将来性について解説します。

おすすめ記事はこちら!


アイリストとは?

アイリストとは、まつ毛エクステンション(マツエク)、まつ毛パーマなど、目元の美容施術を専門に行うプロフェッショナルのことを指します。

この分野では、確かな知識と高度な技術が求められ、施術は安全性が最優先されます。

一般的には「アイリスト」と呼ばれますが、一部の商品名が商標登録されているため、呼び名には工夫が必要です。

アイリストの仕事内容

アイリストは、まつ毛エクステンションやまつ毛パーマ、眉カラーなどを通じてお客様の目元を美しく仕上げるプロフェッショナルです。

以下に、アイリストがおこなう主な仕事内容を詳しく紹介します。

カウンセリング

アイリストの仕事は、まずお客様の要望や悩みを理解することから始まります。

まつ毛が短い、少ない、下向きなど、個々の悩みに対して適切な提案を行います。

また、肌の弱いお客様には薬剤の使用によるトラブルを避けるため、事前に注意深くカウンセリングを行います。

施術

まつ毛エクステンション

まつ毛エクステンションは、地まつ毛に人工まつ毛を1本ずつ植毛してボリュームアップさせる施術です。

お客様の希望や目元の特徴に合わせ、素材や本数、長さを選定します。

施術時間は1時間から1時間半ほどで、仕上がりはセクシー、キュート、自然など、お客様のイメージに応じて選択します。

まつ毛パーマ

まつ毛パーマは、まつ毛を自然なカールにする施術です。

お客様の好みに合わせて根元からの持ち上げ方やカールの程度を調整し、専用のロットを使用して施術します。

施術時間は1時間から2時間ほどで、自然な仕上がりで、メイクの時間短縮にも寄与します。

アイブロウ

アイリストは眉毛周りの施術も担当し、アイブロウと呼ばれることもあります。

お客様の希望と顔の特徴を考慮して眉毛の形状をデザインし、眉毛のカットやワックスを使った脱毛・ラミネーションなどの施術を行います。

これにより、顔の印象を大きく変え、お客様の理想に合ったデザインを実現します。

カウンセリングとお客様対応

アイリストは、施術だけでなく、お客様とのコミュニケーションが欠かせません。

予約の受付、カウンセリング、施術後のアフターケアなど、お客様との信頼関係を築くために重要な役割を果たします。

また、薬剤の使用やアレルギー反応の確認など、安全面も十分に考慮しながら施術を行います。

その他のサロンワーク

アイリストは、サロン内の様々な業務にも携わります。

営業時間前後には予約管理や掃除、施術道具の準備をおこないます。

店舗の運営に関わる業務やミーティング、施術の練習なども通して、サロン全体の円滑な運営に貢献します。

アイリストになるには?

美容師免許の取得が必要

アイリストを目指すためには、まず国家資格である美容師免許を取得する必要があります。

以下は、アイリストになるための基本的な手順です。

美容学校への入学

美容師免許を取得するためには、厚生労働大臣が指定した美容学校に入学する必要があります。

美容学校では美容に関する基礎的な知識や技術を学びます。

美容学校の卒業

美容学校での学びを終え、指定されたカリキュラムを修了することが美容師免許の取得条件となります。

学科試験と実技試験を受験し、合格する必要があります。

国家試験の受験と合格

美容学校卒業後、国家試験(美容師免許試験)を受験し、学科試験と実技試験の両方で合格することで美容師免許を取得できます。

合格後、厚生労働大臣から美容師免許が交付されます。

アイリストへの道のり

美容師免許の取得

アイリストになるためには、まず美容師免許を取得します。

美容師免許は、まつ毛エクステンションやまつ毛パーマなど、まつ毛のケアに関する技術も含まれています。

アイリストのスキル磨き

美容師免許を取得した後は、まつ毛エクステンションやまつ毛パーマ、眉カラーなどの技術を磨くために専門の研修やセミナーに参加し、実務経験を積みます。

アイリストのスキルは継続的な学びと実践が不可欠です。

サロンでの経験

美容師免許とアイリストの技術を身につけたら、まつ毛エクステンションやまつ毛パーマの施術経験を積むことが重要です。

サロンでの経験を通じて、お客様とのコミュニケーションや施術技術を向上させます。

アイリストとしてのキャリア

スペシャリストへの成長

アイリストとしてのキャリアを積み重ねる中で、お客様の要望に応えるだけでなく、トレンドや新しい技術にも敏感になりましょう。

特にまつ毛エクステンションの素材や施術方法の進化に追従し、スペシャリストとしての地位を確立します。

独立開業の可能性

経験を積んだアイリストは、独立して自身のアイラッシュサロンを開業することも選択肢の一つです。

自分のスタイルやサービスを提供するサロンを経営することで、より自由な働き方が実現できます。

アイリストになるためには、美容師免許の取得が第一歩です。

その後、アイリストのスキルを磨き、経験を積んでいくことで、プロのアイリストとしてのキャリアを築くことができます。

アイリストの将来性

アイリスト市場の拡大と現状

近年、アイリストとしての仕事は注目を集め、その市場は着実に成長しています。

かつては自分でまつ毛のメンテナンスを行うことが一般的でしたが、現在ではプロにまつ毛エクステンションを頼む人が増加しています。

2016年のデータによれば、まつエクなどを扱うサロンの市場規模は約1,500億円に達しており、アイリストの需要が拡大しています。

アイリストの需要の背景

アイリストの需要が高まっている理由には、まつ毛エクステンションの人気が挙げられます。

まつ毛1本1本に人工のまつ毛をつけ、目元を大きく見せるまつ毛エクステは、その効果が広く認知されています。

美容サロンもトータルビューティーサロンを目指し、まつエクをメニューに取り入れるなど、アイリストのスキルが求められています。

アイリストの将来性

美容業界の市場規模と変遷

アイメイク市場は一時的には落ち込みを見せましたが、2022年には前年比24.5%増の943億円と推計され、回復の兆しを見せています。

特に女性のアイビューティーサロン利用率が増加しており、まつ毛パーマ・カール、まつ毛エクステンションが人気を集めています。

アイリストの技術力と安全性への要求の高まり

アイリストの仕事は専門知識と高度な技術が求められるため、安全に施術を行うことが重要です。

施術後の充血やアレルギー反応などのリスクがあるため、高い技術力が求められます。

これが逆に、アイリストの需要を維持し、将来的な仕事の安定性につながっています。

将来の展望

アイメイクの重要性が高まる中、アイリストの需要は今後も拡大すると予測されます

技術的なスキルだけでなく、デザイン性や接客スキルの向上が求められ、差別化が重要です

競争は激しくなりますが、需要の増加に伴い、アイリストが活躍できる場も増えていくでしょう。

まとめ

まとめ
美容業界の一翼を担うアイリストになるためには、まず美容師免許の取得が必要です。

美容学校で基礎を学び、スキルを磨いた後、アイリストとしてのキャリアを築いていくことが大切です。

将来性は明るく、需要の高まりが期待されますが、競争も激化しています。

差別化されたスキルや経験が重要なので、自身の強みを見つけ、ジョブサーチなどを活用して理想のサロンや環境を見つけましょう。

アイリストとしての道は挑戦と成長が待っています。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

ジョブサーチ

こちらのおすすめ記事もどうぞ


未経験からアイリストを目指すならジョブサーチ Job Search 大阪 神戸 京都 兵庫 奈良 和歌山 滋賀

RELATED

PAGE TOP