希望のサロンが見つかる「ジョブサーチ」

アイリスト

アイリストに向いているのはどんな人? 気になる5つの特徴を徹底解説!

まつ毛パーマやまつエクを行うアイリストの仕事に、憧れている人もいるでしょう。美容師の資格があれば、アイリストとして働くことができます。
まつエクの施術の際に、アイリストの名を許可なしに使うことは禁じられているため注意しましょう。詳しくは下記の記事をご参考にしてください。

 

アイリストに向いているのはどんな人?

アイリストを目指すうえで、仕事での「向き」「不向き」が気になるという人も多いのではないでしょうか。また、アイリストの仕事の特性から、求められる力はさまざまです。ここでは、アイリストに向いている人の特徴について解説します。

 

1. 手先が器用な人

まつエクでは、目やその周りに直接触れ、1本1本エクステを丁寧に装着していきます。また、産毛が絡まり、施術に影響をおよぼす可能性があるときには、その絡まりを解かなければなりません。手元が震えて少しでもずれてしまえば、目や周りにダメージを与えてしまうことも。

サロン保険加入の有無にかかわらず、お客様におこなう施術は安全第一であることが前提です。まつ毛パーマも同様にまつ毛にロットをまき、パーマ液を塗るとてもこまかな作業となります。そのため、細かい作業を得意とする人、手先が器用な人が向いているでしょう。

 

2. 集中力が高い人

まつ毛パーマやまつエクの施術時間は、平均して1時間前後です。お客様の目元の状態によって、1時間以上に伸びることもあります。長時間、気の抜けない細かい作業をし続けることになるため、高い集中力が求められる仕事です。

集中力を保てることで、うっかりミスを防ぐことにつながり、作業の効率も高まります。作業効率が高まれば、お客様の負担も減らせるでしょう。このようにアイリストは高い集中力を保てる人が向いています。

 

3. 美容への興味・関心が高い人

アイリストに向いている人といえば、やはり美容への興味や関心が高い人です。まつエクやまつ毛パーマを希望するお客様は、美容やおしゃれへの意識が高い傾向にあり、最新の情報に敏感です。そのため、アイリストもトレンドをつねにキャッチし、流行を追い求める姿勢が必要となります。

トレンドを意識できると、提案力にもつながるでしょう。古い情報を提案してしまうと、お客様によってはマイナスなイメージを持つことがあるかもしれません。時代とともに移り変わるトレンドを研究すると新規のお客様がまた来たいと思えるようになり、リピーターの獲得にもつなげられます。

 

4. 人と話すのが好きな人・接客が苦にならない人

まつエクやまつ毛パーマの施術では、お客様と1対1です。人と話すことが好きな人は、自然な流れでお客様の要望を聞けるため、話を傾聴し、共感できるのではないでしょうか。

また、ペットの話や世間話など、他愛のない話で盛り上がることもあるでしょう。会話でお互いの距離が近くなれば、お客様にとって施術を受ける時間が心地よくリラックスできる時間にもなるはずです。お客様とのコミュニケーションは接客力にもつながり、よい印象を残せます。もともと人と話すことが好きな人、接客が苦にならない人は向いています。

 

5. 追求心がある人・知識や技術の習得に意欲的な人

働くうえで必要な知識や技術を吸収しようという意欲の高い人は、施術のクオリティ向上に向けて努力を続けることができます。

また、まつエクやまつ毛パーマなどの施術は、そのときどきで流行やトレンドが変化し続けるものです。知識や技術の習得に意欲的な人は最新の情報をキャッチするのも早く、この仕事に向いています。施術のクオリティを高めるために努力し、知識や技術の習得に意欲的な人は、アイリストの仕事に向いているといえます。

 

あなたを必要としているサロンが見つかる!

アイリストの仕事の魅力は、なんと言っても「お客様に喜んでいただける、感謝される仕事」だということ。「ありがとう、あなたのおかげで綺麗に自信が持てた!」と、仰って頂けた時の嬉しさは格別です。

ジョブサーチでは、あなたを必要としているサロンが見つかります。気になる方は是非、こちらをご一読ください!

未経験からアイリストを目指すならジョブサーチ Job Search 大阪 神戸 京都 兵庫 奈良 和歌山 滋賀

RELATED

PAGE TOP